(V)ビザ – キャッシュレスの大本命として国際ブランド1位のVISAを買ってみた

キャッシュレス化がどんどん進んでいく中、どこがそのシェアを取り成長していけそうなのかをずっと考えていて、クレジットカード会社に転換して好調だった丸井グループ(8252)を保有してみたりもしましたが、最終的に世界ナンバーワン国際ブランドの(V)ビザをポートフォリオに追加することに決めました。

楽天カードが単体企業だったらそっちにしていたかもしれませんが、金融での利益を他で無駄使いしているイメージしか持てなかったので・・・。

 

メタップス(6172)のpringとか、QRコード決済が普及したらクレジットカードはどうなるのかな?とも思っていたのですが、国を跨いで利用する場合は不便だからクレジットカードが無くなることは絶対にありえなそう。

QRコード決済は店舗の端末導入費用が安くなるのは良いことですが、外国人旅行者は日本規格のQRコード決済サービスに加入している訳も無いので、個人商店が対応するメリットはほとんど無いと思いますし。

 

スポンサーリンク

2018/07/03

132.9211ドルで9株購入。

取得金額は139,502円。

 

米国株

分散もかねて米国株の割合を少しづつ増やしていきたいと考えています。

最終的にはのんびり時間軸の長い投資をしたいので、それをするなら日本株よりも米国株の方が向いている可能性が高そうですし。

今は資産額が少ないので10%くらいを考えていますが、将来的には50%以上まで引き上げたいなと。

 

拡大余力アリアリ

VISAを購入するうえで1番ネックだと思っていたのが成長余力です。

カード決済金額が増えればVISAの取扱高も増えていくのですが、シェアをすでに大きく取ってしまっているので、劇的な伸びは期待できないかもしれません。

 
しかし最近その心配は無さそうな動きが相次いで出て来ました。
 

まずコンタクトレス決済の普及がかなり進み始めたこと。

レジでの決済だけでなく、地下鉄などの交通機関でも直接利用できる方向性に進んでおり、大きな市場を全部取れる可能性があることです。
(国や地域によって異なる交通系ICカードを持たなくて済むようになる。)

次にQRコード決済のセキュリティ問題が話題になっていることです。

日本ではQRコード決済を普及させようとしていますが、中国では非接触型に変えていこうという動きになっています。

頻繁に発生する少額決済をカード業界が手に入れることができれば、企業価値はまだまだ伸ばしていけるのではないでしょうか?

 

2019年9月期決算

売上高11.5%増、売上高営業利益率が62.9%→65.3%と改善。

配当も0.25ドルから0.30ドルへと増配。
 

 
株価は5年で3倍。

ガチャガチャ何もしないでVISA握ってる方が成績が良かった・・・。

 
キャッシュレス化は加速していくと思うので、VISAの業績はまだまだ伸びると思う。

保有資産の3割くらいをVISAにしたい

 

8年で10バガー

 
ビザの株価の推移をちょっと調べてみたのですが、8年で10バガーしていました

8年前にビザに全ツッパしていれば私も億れてたんですね・・・

 
2008年9月のリーマンショック前の高値が20ドルくらいですので、そろそろ恐慌が来そうだからキャッシュポジションを多めに持つとか考えるのが意味ないとわかります

実力と成長力がある企業の株は短期的には低迷するかもですが、長期的に見れば多くのリターンを運んできてくれます

 
ビザは「コンタクトレスによる少額決済」「企業間決済」「利用できる国家の増加」の3つの成長要素があるので、今後数年は今までと同じような株価上昇が見込めると思っています。

 

2020/08/31

 
買い増しに次ぐ買い増して320株まで増えました。

コロナ禍でキャッシュレス化が世界的に加速するかなと思ったのですが、それ以上の米国株緩和バブルが凄くて新高値を更新しました。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました