いろんな意味で女装好きな人が読んだら絶対ハマると思うおすすめのマンガを紹介する

僕が今までに読んだ女装・男の娘関連のマンガの中でおススメの作品を紹介したいと思います。

この系統の作品は漫画喫茶や書店には置いていない場合が多いですが、今はKindleとかでサクッと読めるので助かります。
(本当は大宮のお風呂カフェとか草加の健康センターで読みたかった・・・)

FANZA(DMM.com)にあるアレな作品も含めればもっとありますが、とりあえずは健全なやつだけここでは選びました。

スポンサーリンク

 

げんしけん


AOKIホールディングス(8214)が運営する快活CLUBで読んだ

 
1巻から9巻はアニメゲームマンガなど好きな人が集まるサークルの話で、二代目になる10巻から女装男子の波戸くんが主人公?ヒロイン?になる恋愛ストーリー。

 
げんしけんはアフタヌーンに連載されていた時期に1巻を読んだけど、僕は別にオタクじゃないから面白さみたいなのがまったくわからなくて、続きを読んだりはしなかった。

女装をするようになって10巻から読み始めたけどヤバいくらいに面白かったです。
(2巻から9巻は未だに読んでない)

 
波戸くんの女装クオリティが高過ぎると言うのはマンガだから無視するとして、女装の悩みとか、女装あるあるとか共感できる部分がある中でストーリーが進んでいき、最後の終わり方も良かったと思う。

ノンケで性同一障害とかでは全くないけど、自分から進んでしている女装に考え方が引っ張られてしまうのは経験者しか共感できないかもだけど・・・。

 

 

プラナス・ガール


スクエアエニックス(9684)が運営するマンガUP!で無料で読んだ

 
僕が初めて読んだ女装・男の娘系のマンガ。

げんしけんが女装向けなのに対して、プラナス・ガールはチェイサー向けと言った感じ。

 
主人公はノンケ(一応)の男子高校生でヒロインが同じクラスの男の娘のラブコメディー。

最後の展開は唐突だったけど、良い終わり方だったと思う。

 
でも、第1巻第1話がドキドキしたと言うかキュンキュンしたピークで、そこからはちょっと尻すぼみ。
 

 

トラップヒロイン


これも快活CLUBで読んだ

 
シチュエーションはプラナス・ガールと全く同じ、主人公がノンケ(一応)の男子高校生でヒロインが同じクラスの男の娘。

2人だけの世界が続くのではなく、純女が絡んだりして恋愛要素が強くなり、トラップヒロインの方が面白いかもと思い始めた矢先に衝撃の事実を知る。

 
古めのマンガだから完結していると思ったら、作者が体調不良で連載が途中で止まっているだけだったと言うことを。

続きが気になって仕方がない・・・。

 

 

ぼくらのへんたい


パピレス(3641)が運営するRenta!で読んだ

 
他の女装マンガとは違うコンセプトで書かれた作品

性同一障害、性的なトラウマ、他者の為の女装など、内容はコメディー路線では無い

 
女装には性的な側面が絶対にあると僕は思うのですが(女装なんてただの性癖の場合が多いから)、そこに触れるマンガ作品は少なく、ぼくらのへんたいは良くここにつっこんだなと思う

これ読んでて僕もちょっと過去を思い出しちゃったよね
 

でも終わり方がとても良かったので一気に全話読んで欲しい作品。
 

 

ボーイスカート


白泉社(非上場)のアプリ・マンガParkで無料で読んだ

 
プラナスガールやトラップヒロインと同じでこれもヒロインが男の娘のストーリー

2巻で完結してしまっているのですが、もっともっと見ていたかった作品です

終わり方がちょっとアレだったので、連載打ち切りだったのかもしれません
 

 

スポンサーリンク

 

君とひみつの花園


集英社(非上場)のアプリ・ヤンジャン!で無料で読んだ

 
女装男子が出てくるマンガは男性向けよりも女性向け作品の方が圧倒的に多い

君とひみつの花園もそうなんだけど、親友の女の子が実は女装で、そこから恋に発展みたいなストーリーばっかりだけど

 
女装が出てくる少女漫画をいくつか読んでみたけど、ブサメンがぜんぜん出てこない

モブキャラ男子でさえどう考えてもイケメン

そら小さいころからこんなのばっかり読んで育つんだからブサイクに人権が無いと勘違いするようになるわな

 

 

げんしけんが普通の方が読むには1番面白いんだろうけど、ぼくらのへんたいの終わり方が最近のカジュアルな女装界隈とちょっと被ったりするので、読み切った時に納得感(?)みたいなのがあって凄い好きです。

ノンケの方にはプラナスガールやトラップヒロインを読んで目覚めて欲しいですね。

 

新しい作品に出会ったらどんどん追加していきます。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました